現代風仏壇

仏壇を購入する際に

家庭における仏壇は、いつかは買うことになるかも、とは思っていても、一体いつ買ったらいいのかわからないものの1つではないでしょうか。仏壇購入のきっかけとして1番多いものはやはり身内にご不幸があった後ですが、もちろん他のタイミングで購入しても構わないものです。引越しや持ち家の購入にあわせて、仏壇をしつらえるのもいいかもしれません。

 

する時にまず考えなければならないことは、祀る場所です。気に入った仏壇を購入して、そのあと祀る場所を考える、といった方法は残念ながら仏壇には向きません。昔の家にはかならず、仏様を祀る場所として仏間があったものですが、現在はマンションに限らず一戸建てでも、仏間がないどころか、仏壇の置き場所に困ってしまう場合も。必ず置く場所を確保してから、仏壇を選ぶようにしましょう。標準的な床置きの台付きタイプの仏壇なら、2分の1畳あれば置くことができます。場所がとれない時には、壁かけやシェルフの上に置けるタイプの仏壇を利用する手もあります。

 

仏壇の置き場所に方角との決まりは特にないですが、材質上湿気のたまる場所は避けたほうがいいでしょう。また、あまりに家族の動線から離れたところに設置すると、せっかくの仏壇に手をあわせる機会が少なくなってしまうので、注意しましょう。

マンションにはモダン仏壇がオススメです。

仏壇は仏様を祀る厨子として、また、亡くなった家族を祭る祭壇として、いつまでも大切に安置しておきたいものです。

 

 

 

しかしながら、現在ではマンションやアパートなどの集合住宅化が進み、たとえ一軒家であっても、仏壇を飾る仏間のない家庭が多く存在しています。

 

 

 

そのため、そういった家庭では仏壇を設置するのも一苦労ですし、仮に安置場所を作ったとしても、その他諸々の悩みが生じてしまうのが通常ではないでしょうか。

 

 

 

とりわけ、仏壇のデザインが、それぞれのご家庭の雰囲気と合わないと感じている方は多いのではないでしょうか。

 

 

 

私のマンションも完全に洋風の間取りなので、一般的な仏壇を安置するとなると、かなり浮いてしまいました。

 

 

 

ところが、近年ではこうした住宅事情に応じて、「モダン仏壇」なるものが登場しているようです。

 

 

 

試しにインターネットで検索してみると、外見は仏壇というよりも、白を基調としたお洒落なインテリア。扉を開くと、仏壇が顔をのぞかせ、必要な仏具はすべて揃っています。

 

 

 

マンションで仏間を置くとなると、やはりリビングに仏間を置く家庭が多いので、TVボードの上に置いても何ら違和感のないデザインになっています。

 

 

 

こうした仏壇や仏具が、必要な要素を残しつつ時代に応じて変化していくのは面白いですね。これから購入する方はぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

お仏壇も、ネットで買える時代なんですね

思いがけず、昨年父が急死しました。体調の変化になぜ気付いてやれなかったかと母が非常に罪悪感を抱いていることから、母の新居に仏壇を置くのはかわいそうだと判断し、長男である兄も婚約者と同棲中という微妙な時期であることから、迷った挙句、長女である私の家に仏壇を購入することに決めました。

 

ですが、まだ20代の私は仏壇についての知識が全くありません。そこで、自分なりに調べてみることになりました。

 

まずは、父のお墓を建てるお寺の和尚様に話を聞いたのですが、現代は仏壇を置かない若者も多いとのこと。価格に固執せずに、丁寧にお参りすることが大事ですよと言っていただきました。そこで、なるべく安いものをネットで探すことにしました。

 

ネットはクチコミが見れるので、それはメリットでした。狭いアパートにも置けるものを探し、幅、奥行きが30センチ以内、高さ80センチほどのコンパクト現代仏壇。柄は木目にしました。リビングに置くので、いかにもという感じの黒塗りは避けました。故人を身近に感じたいと分骨して仏壇に小さな骨壷も置けますと書いてありましたが、それは母の反対で控えました。

 

ご本尊は注文画面のプルダウンで選べたため、これも和尚様に聞いてお寺に合わせて浄土宗の掛軸つきを選び、寺で開眼供養をしてもらいました。

 

位牌は、明るい父の性格が表れるよう、クリスタルにしました。

 

仏具は父の好みに合わせて焼き物を選びました。火災報知機が真上なので、念のためその他の仏具は電気ろうそくと電気線香にしました。

 

決して高いものではありませんが、一通りきれいにそろえて、毎日父に手を合わせることができてとても満足です。

 

おすすめ美顔器を選ぶ